ブログサービスと自鯖ブログの違い

今回は唐突ですが、今までの私の経験からブログサービスと自鯖ブログの違いについてまとめたいと思います。
まず、今回の記事で扱うブログサービスと自鯖ブログについて簡単にまとめたいと思います。
記事執筆時に思いついたことをつらつら書き上げていくので、抜け落ちてる内容があってもご容赦ください。

ブログサービスとは

ブログサービスとは、Amebaブログ、ライブドアブログなど企業が提供しているブログのことを言います。
私は、ヤプログ、Amebaブログ、JUGEMを利用したことがあります。

自鯖ブログとは

自鯖ブログとは、自分で用意したサーバにブログの環境を構築したもののことを言います。
自鯖にインストールしたWordpressなどがこれに含まれます。

それぞれの違い

では、それぞれの違いについて見てきいましょう。

ブログサービスのメリット・デメリット

前記のとおり、ブログサービスとは企業が提供しているブログのことです。
そのため、次のようなメリットがあります。

  • 会員登録するだけで利用できる。
  • 金銭的コストがかからない。
  • メンテナンスの必要がない。
  • 専門の知識が無くてもサイトの運営ができる。
  • 意識しなくてもある程度SEO対策がされている。

しかし、次のようなデメリットもあります。

  • 画像等の内容・容量に制限がある。
  • カスタムCSS等でブログデザインをアレンジできない場合がある。
  • 広告がついてしまう。(広告削除には課金が必要等)
  • アドセンス・アフィリエイト等で収益化することが難しい。(課金が必要な場合がある)
  • ドメインに制限がある。

自鯖ブログのメリット・デメリット

前期のとおり、自鯖ブログとは自分で用意したサーバにブログの環境を構築したもののことを言います。
CMSやフレームワークでブログ機能を実装したものがこれに含まれます。
これらには次のようなメリットがあります。

  • 画像等を内容・ファイルサイズに関係なく自由に設置できる。
  • CSS等でブログデザインを自由に設定できる。
  • アドセンス・アフィリエイト等で自由に収益化することができる。
  • ドメインを自由に設定できる。
  • 使用するCMS・フレームワークを自由に選べる。

デメリットは以下の通りです。

  • サーバ機の購入やレンタルサーバーの契約等で多少の金銭的コストがかかる。
  • CMSやフレームワークのバージョン更新等で定期的にメンテナンスをする必要がある
  • 多少のWeb系プログラミング言語の知識が必要。(というかあったほうが良い)
  • SEO対策を頑張らないと検索結果の上位にあがらない。
  • そもそもサーバ機のメンテナンスが必要。

両ブログの比較

上であげた内容を比較しやすいようにまとめてみました。
同じジャンルの事柄を同じ色でまとめました。
逆に見にくかったらすみません。

ブログサービス自鯖ブログ
メリット
  • 会員登録するだけで利用できる。
  • 金銭的コストがかからない。
  • メンテナンスの必要がない。
  • 専門の知識が無くてもサイトの運営ができる。
  • 意識しなくてもある程度SEO対策がされている。
  • 画像等を内容・ファイルサイズに関係なく自由に設置できる。
  • CSS等でブログデザインを自由に設定できる。
  • アドセンス・アフィリエイト等で自由に収益化することができる。
  • ドメインを自由に設定できる。
  • 使用するCMS・フレームワークを自由に選べる。
デメリット
  • 画像等の内容・容量に制限がある。
  • カスタムCSS等でブログデザインをアレンジできない。
  • 広告がついてしまう。(広告削除には課金が必要等)
  • アドセンス・アフィリエイト等で収益化することが難しい。(課金が必要な場合がある)
  • ドメインに制限がある。
  • サーバ機の購入やレンタルサーバーの契約等で多少の金銭的コストがかかる。
  • CMSやフレームワークのバージョン更新等で定期的にメンテナンスをする必要がある。
  • 多少のWeb系プログラミング言語の知識が必要。(というかあったほうが良い)
  • SEO対策を頑張らないと検索結果の上位にあがらない。
  • そもそもサーバ機のメンテナンスが必要。

まとめ

いかがだったでしょうか?
上でもあげましたが、みなさんご存じの通りブログサービスを利用したほうが、敷居が低くいろいろ楽です。
ただ、拡張性を求めるなら自鯖ブログに手を出してみてはいかがでしょうか?
自鯖ブログを立てるのであればレンタルサーバーを借りてWordpress等をインストールしてみることをお勧めします。
WordpressはメジャーなCMSなので、導入も簡単です。

ではでは・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました